このページの先頭です
このページの先頭です

スナック・バー・クラブなど、
夜のお店のお役立ち情報

よるみせの窓口

コラム

ガールズバーの開店について解説!初期費用などの資金や手順を紹介

ガールズバー開店を検討するにあたって初期費用や手順について不安に感じる人もいるでしょう。開店前に正しい知識や方法について知っておけば、初めての開業でも順調なスタートを切ることができます。今回は、ガールズバーの開業資金の目安や具体的な手順について解説します。ガールズバーの開業資金の目安ガールズバーの開業には、およそ300万円~500万円の資金が必要です。物件や地域、立地、設備費用などにより必要な資金は異なりますが、最低300万円以上は用意しておきましょう。主な内訳は以下の通りです。物件取得費用前家賃(家賃1ヶ月分の前払い)保証金(家賃6〜10ヶ月分程度)礼金(0円〜家賃2ヶ月分程度)仲介手数料(家賃1ヶ月分程度)内装費クロス、電気の配線工事、ガス水道の配管工事など設備費用キッチン設備、インテリア、レジやカラオケ等の機材など運転資金仕入、広告宣伝費、人件費、家賃、水道光熱費などなかでも、物件取得費用が大部分を占めます。安く見積もっても、家賃10か月分はかかると考えておきましょう。ガールズバー開業までの具体的な手順ガールズバー開業で失敗しないためには、入念な事前準備が重要です。順調なスタートを切るためにも、具体的な開業手順や必要な資格などについて確認しておきましょう。コンセプト決定コンセプトは経営の指針であり、他の店舗との差別化につながるため、慎重に決定しましょう。その際「どのようなお店にしたいか」「どのようなお客様に来て欲しいか」などをなるべく具体的にイメージすることが重要です。コンセプトを決めると、お店の規模や内装などを具体的にイメージできるため、おおよその必要資金を把握できます。資金調達物件や立地、設備費用などによって変わりますが、ガールズバー開業の資金は最低300万円以上です。しかし、開業してからすぐに売上が伸びるとは限りません。向こう3か月ほどの運転資金を含めて500万円程度用意できるとよいでしょう。資金調達においては、自己資金で用意することが最も低リスクです。自己資金で賄えない場合は金融機関から融資を受けることも検討しましょう。融資の相談は、公的金融機関である日本政策金融公庫をおすすめします。店舗決定コンセプトと調達できる資金に応じて、出店する地域と店舗を決定します。店舗を選ぶ際は、その地域に多い年齢層や職業などを調べ、見込み客と自分のコンセプトがあっているかを確認しましょう。出店地域や店舗の決定は、お店の売上を大きく左右します。後悔しないためにも、物件情報や地域情報を入念に確認しましょう。また、開業資金を抑えるためには、前店舗の設備が残っている「居抜き物件」を選ぶとよいでしょう。資格取得・書類提出ガールズバーの開業には以下の資格取得や届出をしておきましょう。・飲食店営業許可・食品衛生責任者資格・深夜酒類提供飲食店営業開始届出ガールズバーは飲み物や食品を提供するため、「飲食店営業許可」と「食品衛生責任者資格」の取得が義務付けられています。深夜0時を越えてお酒の提供をする際は「深夜酒類提供飲食店営業開始届出」が必要です。また、ガールズバーはキャバクラ・クラブ・スナックなどの風俗営業ではないため、接待サービスが禁止されています。そのため、接待サービスをする際は「風俗営業許可」が必要です。風俗営業をする場合は、深夜0時以降の営業が禁止されているため気をつけましょう。備品の購入・仕入れ先の確保グラスやお皿等の食器、椅子や照明等のインテリアを購入します。店内の雰囲気を左右するため、コンセプトにあった製品を選びましょう。酒類、食品類の仕入れ先を見つけます。提供メニューや常備する酒類はコンセプトや客層にあわせて選びましょう。仕入れ先を選ぶ際は、価格や品質だけでなく、品切れにならないように安定して仕入れができる業者かどうかを確認しましょう。求人募集求人サイトに掲載し、女性キャストを募集しましょう。魅力的でトーク力の高い女性キャストの採用は、売上や常連客の獲得に直結します。複数の求人サイトに掲載する、給料を相場より低くしないなど、求人募集には力を入れましょう。また、中にはナイトワークを専門とした求人サイトもあり、ナイトワーク経験者や意欲的な人を採用できる可能性があります。広告宣伝開業準備が整ったあとは、広告宣伝してオープンに備えます。広告宣伝には、チラシ、情報誌、インターネットなどを活用しましょう。近年、スマートフォンの普及が進んでいるため、ホームページやSNS、グルメサイト掲載などインターネットを活用した宣伝が最も有効です。ガールズバーは飲食店であるため「食べログ」に掲載可能です。食べログは利用者が多く、高い集客効果が期待できます。初期コストを抑えるには物件選びが重要ガールズバーの開業には300~500万円の初期費用が必要であり、その大部分は物件取得費用が占めています。そのため、コンセプトやサービスの質を維持しつつ、いかに物件取得費用を抑えられるかが重要です。「よるみせナビ」はガールズバーに適した物件を多数掲載しています。より多くの物件情報を閲覧し、家賃だけでなく礼金や仲介手数料なども考慮して比較検討しましょう。

#開業のポイント

コラム

バー・スナックを開業する方必見!必見チェックリスト カラオケ設置のポイント

バーやスナックを開業するためには、さまざまな設備や備品を揃えて、経営に必要な資格を取得しなければなりません。そこで今回は、スナックの開業に必要な設備や備品、資格をご紹介するとともに、カラオケ設置時の注意点や必要な申請事項についてご紹介します。スナックの開業に必要なもの|主な設備まずは、スナックに必要な設備について確認しましょう。スナックと一言で言っても、コンセプトなどによって必要な設備は異なりますが、ほとんどのケースで必要な設備は以下の通りです。・テーブル・ソファ・照明などの内装関連・ガスコンロや製氷機、冷蔵庫・冷凍庫などの調理関連・カラオケ設備 などテーブル・ソファ・照明などは、理想とする内装や予算から最適なものを探しましょう。スナックでは、提供する食事メニューは本格的なものは少なくほとんどが軽食です。そのため、メニューによってはガスコンロがいらない場合もあります。ただし、冷蔵庫や冷凍庫は必須です。一からこれらの設備を揃えるのが大変という場合には、居抜き物件の活用を検討しましょう。また、初期費用を抑える方法として、中古ショップで備品を購入する方法もおすすめです。h2:スナックの開業に必要なもの|主な備品スナックを開業するためには備品も揃えなければなりません。備品もお店によって揃えるものが異なるものの、以下は必ず準備しましょう。・食器・グラス・アイスペール、おしぼりなどの飲食関連・レジ関連・お手洗い関連 など食器やグラスは割れた場合も想定して多めに準備しておきましょう。おしぼりはおしぼり業者と契約することで、安くかつ手軽に清潔な状態を維持できます。レジ関連とは、レジだけではなくお釣り用の小銭やキャッシュレス決済サービスの導入なども含まれます。他に必要な備品が出てきた場合は、開業後に随時揃えると良いため、最低限上記の備品を揃えてください。スナックの開業に必要なもの|主な資格スナックを開業するためには「食品衛生責任者」という資格の取得が必須です。食品衛生責任者は、各都道府県が実施している講習を受講すれば取得できます。ただし、既に調理師免許や栄養士の資格をお持ちの場合は、自動的に食品衛生責任者の資格も取得できているため、受講する必要はありません。また、収容人数が30人を超えるスナックを開業する場合は「防火管理者」という資格も必要です。防火管理者の資格を取得するためには、「防火・防災管理講習」という消防署が実施している講習を受講しなければなりません。このように、スナックの開業には食品衛生責任者や防火管理者という資格を取得する必要があります。カラオケを設置する場合に気をつけることスナックでは、カラオケでデュエットする楽しみ方もあります。ただし、カラオケを設置する際には以下の点に注意が必要です。・周辺住民や店舗への配慮・風営法対象の店も営業できる物件を選ぶそれぞれについて詳しく解説します。周辺住民・店舗への配慮まずは、周辺住民や周辺店舗への配慮を徹底しなければなりません。なぜなら大音量で楽しむカラオケは、騒音や振動で近隣に迷惑をかける恐れがあるためです。騒音や振動によるトラブルを防ぐために、防音設備の整備やマイクの音量を下げる、スピーカーを窓から離れた場所に設置するなどの対策を行いましょう。このように、風営法や地域の基準を満たしていても、周辺住民や周辺店舗に迷惑をかけない配慮が必要です。物件の絞り込みカラオケを設置する際には、物件選びにも注意が必要です。なぜなら、カラオケを設置し接待行為を提供するスナックは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)」の対象となり、風営法対象の店は営業できない土地の区分があるためです。風営法対象の店が営業できない土地は、第1種・第2種住居地域・準住居地域などです。物件を探す際は、第1種・第2種住居地域・準住居地域を避けるなど、営業可能な土地を絞り込んで探しましょう。カラオケを設置するとき必要に応じて行う申請スナックにカラオケを設置する場合、必要に応じていくつかの申請を行わなければなりません。そこでここからは、特に行うケースが多い申請を2種類ご紹介します。申請が必要な場合は忘れずに申請しましょう。①風俗営業許可まずご紹介する申請は「風俗営業許可」です。「風俗営業許可」は、接待を行う飲食店を営業する際に必要となる許可申請です。「接待」には複数の種類が含まれますが、お客様が歌っている最中の手拍子や、歌うように勧める行為が含まれるため、カラオケを設置するスナックでは風俗営業許可を申請しなければなりません。ただし、風俗営業許可を取得すると深夜の営業が禁止されるため、0時以降の営業ができなくなることを覚えておきましょう。②特定遊興飲食店営業許可「特定遊興飲食店営業許可」の申請が必要な場合もあります。なぜなら、カラオケを設置しているスナックは「特定遊興飲食店」に該当するためです。ただし、必ずしも申請する必要はなく、以下の3つの条件を全て満たしている場合にのみ申請してください。・深夜(0時から6時まで)営業する場合(東京都は5時まで)・お客様に遊興(カラオケの場合、不特定のお客様に歌唱を勧める行為)させる場合・お客様に酒類を提供する場合カラオケのある楽しいスナックを開業しよう!お客様と一緒に歌ったり盛り上げたりなど、カラオケを設置することで、スナックをより楽しい空間にできます。しかし、カラオケを設置する際には周辺への配慮や物件に制約があり、必要な許可を得なければならないなど、さまざまな注意点もあります。ご紹介した申請事項以外にも、営業時間や土地によっては必要な申請が生じる場合もあるため、必ず確認した上で適切に開業しましょう。

#開業のポイント

コラム

【2022年版】資金・助成金 スナック開業に利用するための流れを解説

スナックとは、カウンター席とボックス席(テーブル席)があり、お酒や軽食を楽しむお店です。また、ママやスタッフ(キャスト)とコミュニケーションやカラオケを楽しめるお店でもあります。今回は、スナックを開業するために必要な資格や開業までの流れ、役立つ助成金について紹介します。スナック開業までの流れスナックの開業をするためには、コンセプト・物件・仕入れ先など決めることがたくさんあります。また、許可や届け出などの手続き、資金の調達が必要です。ここからは、スナック開業までの流れを詳しく紹介します。コンセプトを決めるコンセプトを決めることは、スナックの開業準備において重要な作業です。コンセプトとして決める事項は、ターゲット層・お店の広さや席数・メニュー・価格設定などです。どのようなお店にするのかを決めると、お店のこだわりや強みを明確にできます。手料理が美味しい・お酒の種類が多い・カラオケで盛り上がれる・女性も気軽に楽しめるなどの特色を書き出し、自分のお店の特長を決めます。お店のこだわりや強みが明確になったらターゲット層・物件の条件・内装・外装もできるだけ具体的にイメージしてまとめておきます。資金を調達する資金には「開業の準備金」と「開業後の運転資金」の2種類があります。開業の準備金とは、初期費用や設備導入費用を意味し、物件の保証金や内装費、レジ導入費など開業の前に一度だけ必要になる準備金です。開業後の運転資金は、家賃・人件費・水道光熱費・仕入れ(お酒やおつまみ)・カラオケのレンタル費など、経営を維持するための資金です。準備金と運転資金は自己資金で準備する方法以外にも、借り入れや融資、補助金・助成金などを活用して資金調達する方法があります。開業してすぐの時期はお客様が付きにくく、安定した売上は見込めないため、資金の調達は最低でも経費の6か月分が望ましいでしょう。物件を借りる物件を選ぶ上で、スケルトン物件にするか居抜き物件にするのかを決めることも重要です。スケルトン物件とは、内装設備がなにもなく、コンクリート打ちっぱなしのような状態の物件です。大掛かりな内装工事が必要ですが自由度は高く、希望通りのお店作りができます。居抜き物件とは、前テナントが利用していた設備や内装が残されており、そのまま使える物件です。内装工事費用は削減できますが、自由度は低くなります。いい物件が見付かっても、店内の雰囲気がコンセプトに合わない時には、コンセプトを見直す必要があります。許可や届け出などの手続きをするスナックの開業に必要となる許可や届け出は、食品衛生管理責任者の資格と飲食店営業許可申請です。また、営業開始する7日前までに消防署に届け出が必要な防火対象物使用開始届です。深夜0時を超えて酒類を提供するお店なら深夜酒類提供飲食店提供届、ママやスタッフが接待するお店は風俗店営業許可が必要になります。申請手続きをするためには多くの書類を作成しますが、許認可申請手続きは行政書士に依頼できます。仕入れ先を選定するスナックを経営するためには、お酒やおつまみの他にもさまざまな物が必要です。コストだけではなく、品質や安全性も重要であるため、信頼できる業者を選定しましょう。カラオケは、スナックの楽しみのひとつです。気持ちよく歌えることはお店への満足度につながります。第一興商グループにお任せいただければ歌いやすさや音質、TVモニターの設置場所など、お店の広さや状況に応じ、最適な機種の選定と最高の歌唱環境をご提供いたします。助成金とはスナックの開業には初期費用や事業継続の資金も必要ですが、助成金の申請をすれば、資金の一部を交付してもらうことができます。ここからは、国から受け取れる助成金について詳しく紹介します。助成金と補助金の違い助成金と補助金は、事業を支援するために国や自治体から交付されるお金です。融資とは異なり、支給されたお金は事業の資金として利用でき、原則返済が不要です。助成金と補助金は、交付元と目的が異なります。助成金は主に厚生労働省が交付し、一定の要件をクリアすればどの企業であっても支給されることが特徴です。一方、補助金は国策を促進するための手段として交付されることが多く、審査があるため、一定の要件をクリアしていても交付されないケースがあります。雇用促進のための助成金主に雇用の安定や職場環境改善を対象として、以下のような助成金制度があります。・キャリアアップ助成金・トライアル雇用助成金・特定求職者雇用開発助成金キャリアアップ助成金は、正社員と非正規社員の格差を解消することを目的とした制度です。正社員化コースや賃金規定等改定コースなどのコースが7つあり、支給額と支給対象が異なります。トライアル雇用助成金は、雇用機会の創出を目的とした制度です。支給対象期間は最長3ヶ月間で、支給額は1人につき基本4万円ですが、ひとり親家庭の場合は1人につき基本5万円です。特定求職者雇用開発助成金は、就職が困難な人を継続して雇用した際に支給される助成金です。就職が困難な人とする対象者は多岐に渡りますが、母子家庭の母親も含まれます。このように助成金にはさまざまな種類があります。社労士へ助成金の申請代行を依頼すると、自分に合った助成金の提案が受けられます。開業資金調達には助成金制度を活用しようスナックの開業には、経費の6か月分の資金があれば売上が安定するまでの資金にできます。そのため、資金調達には返済が不要な助成金制度を活用しましょう。助成金を申請するためには提出する書類を揃えたり、作成をしたりする必要があります。しかし、書類の書き方には分かり難いことがあるため、社労士に助成金申請代行の依頼をおすすめします。

#開業のポイント

コラム

スナック、バーのセキュリティ対策は防犯カメラを活用

夜のお店に限りませんが、火災・盗難・喧嘩・事件などトラブルはいつ起こるか分かりません。今回は、お店を安全に経営するためのセキュリティ対策をご紹介します。お客様と従業員、そしてオーナー様が安心できるお店を作りましょう。「夜のお店」におけるセキュリティ対策とはスナックやバーはお客様にお酒を提供し、会話やカラオケなどを楽しむ場所です。店内は、暗めの照明でカウンター・ボックス席・仕切りなどがあるため死角が多いという特徴があります。他の飲食店では店内を明るくしたり、レイアウトをかえたりするなどの工夫で見通しを良くできますが、夜のお店では困難です。また、お酒をメインに提供するため、お客様が酩酊してしまい従業員の目の届かないところで喧嘩や傷害事件などのトラブルが起こるリスクがあります。以下で具体的なセキュリティ対策方法を紹介します。従業員の意識の向上、ルールの順守従業員の怠慢は、トラブルを招く原因です。従業員のセキュリティやモラルを高める教育が必要です。マナー違反を発見した時には見過ごしてしまわず、要望と改善点を伝え、トラブルを未然に防ぐ必要があります。また、風営法やお店の基本ルールを乱すお客様が来店する可能性があります。例えば、未成年者にもかかわらず入店し飲酒しようとする人、従業員の身体への接触を執拗にする人などのことです。お客様にお願いをしてマナー良く過ごしていただく、または出入り禁止にするなど対処をしましょう。炎感知器等を利用して防火対策火災の原因は、調理器具からの出火やタバコの火の消し忘れなどです。「消防法」を遵守し、消火剤・スプリンクラー・避難経路・感知器などを用意しましょう。炎感知器は、炎から放出される紫外線や赤外線の変化をとらえ、素早く感知できます。煙感知器は、内部の受光部で煙を感知します。様々な感知器を組み合わせることで早い段階で火災を察知することが可能です。二重ロック、防犯ガラスの設置夜のお店を含む飲食店は、法令により営業時間が決められているため、閉店後の時間帯に空き巣に狙われやすい傾向があります。空き巣は店内への侵入に時間がかかることを嫌うため、二重ロックや防犯ガラスを使うことが効果的です。店舗の設備にあったアイテムを選んで対策をしましょう。防犯カメラを使ったセキュリティ対策飲食店や公共施設などは、防犯カメラでセキュリティ対策をしています。スナック・バーにも防犯カメラを置くことを検討しましょう。防犯カメラは、空き巣の侵入被害を防ぐだけではありません。従業員の監視やお客様とのトラブル防止などに利用できます。また、防犯対策だけでなくお店の運営においてもメリットがあります。犯罪やトラブルの抑止力になる防犯カメラは、存在しているだけで犯罪やトラブルを抑制する効果があります。人は「見られている」と意識すると、悪いことができなくなり、正しい振る舞いをするようになります。そのため、店舗責任者が常に防犯カメラのモニターに目を光らせる必要はないでしょう。録画で事後の確認ができる接客中に従業員とお客様間でトラブルが起こることがあります。違反行為を録画することにより、お客様に対して適切な対処ができます。違反行為のなかでも悪質な場合であれば入店を拒否しましょう。ほかにも、防犯カメラの映像を使えば、従業員に対して接客中に気を付けるポイントを指導できるでしょう。従業員の監視・管理が可能経営者が指導をしていても、従業員による現金やカードなどの取り扱いミス、不正行為は起こってしまいます。店内のお金の流れはすべて防犯カメラで記録しましょう。ミスや不正行為でお客様に被害があればお店の信用が失墜します。たとえ少額であっても不正行為は許されるものではありません。また、防犯カメラは、従業員の接客の様子や勤務態度をチェックできます。お店にとって従業員は大事な「人財」であり、夜のお店においては従業員目当てにお客様が来店します。勤怠評価をつける際には防犯カメラを利用することで従業員の売上以外の側面を見てみましょう。お客様の来店状況を把握して売上を伸ばす防犯カメラの映像を使えば、お客様の来店状況から売上アップのヒントを探せます。曜日ごと、時間帯ごとの客層からお客様の行動パターンを見つけましょう。さらに、店内が賑わっている時、賑わっていない時のパターンが分かれば従業員の配置や運営方法を見直すことができます。従業員のシフトをパターンに沿って組み直せば、人件費を抑えることが可能です。防犯カメラがあることを明らかにしておくお店で防犯カメラを設置する際は、お客様にステッカーや口頭などで伝えておく必要があります。個人情報保護法では、目的があれば個人情報の取得が許されています。ただし、お店では不特定多数のお客様や従業員が出入りするため、撮影している事実を明示することが大切です。店舗に防犯カメラを設置する前に確認すること店舗で防犯カメラを設置する際は、地域の条例を確認しておきましょう。都道府県ごとに防犯カメラについてルールが決められています。地域によっては「防犯カメラ管理責任者」を置き、指定のステッカーで周知することを義務としているケースがあります。セキュリティ会社に依頼すればサポートが受けられる自分で防犯カメラを購入し、取り付けることはできます。しかし、初心者の方が適切な防犯カメラを選択することや死角を少なく配置することは困難です。コストはかかってしまいますが、セキュリティ会社へ依頼する方法があります。セキュリティ会社には、空き巣・お客様とのトラブルなど緊急事態に対応した各種サービスがあります。よるみせナビでは、他にもスナックやバーなどお店の経営について役立つコラムを掲載しています。ぜひご覧ください。

#開業のポイント

コラム

バー・スナックの開業資金にはいくら必要?初期費用の内訳を解説

飲食店の開業費は、飲食店の形態により大きく異なります。そこで今回は、飲食店の開業資金のうち、バーやスナックの開業資金や初期費用の内訳を詳しくご紹介します。バー・スナックの開業資金は最低500万円程度必要バーやスナックの開業資金は店舗規模や、居抜き物件かスケルトン物件かにより変動しますが、最低500万円程度は必要です。開業資金の概算は以下の通りです。例) 店舗面積10坪、賃料200,000円/月 の物件の場合物件取得費用 家賃の6~10ヶ月分内外装費用 200万円~厨房機器や設備費用 100万円~什器・備品の費用 30万円~光熱費や人件費などの運営資金 半年分それぞれについて詳しく解説します。物件取得費用(家賃の6~10か月分)バーやスナックを経営するためには、物件を取得しなければなりません。物件取得費用は家賃の6~10ヶ月分が必要です。詳しい内訳は、当月と前家賃の2ヶ月分、敷金礼金として家賃1ヶ月分、保証料として家賃4~6ヶ月分です。家賃は、物件のエリアや規模などさまざまな要素によって変動するものの、1ヶ月あたり25万円前後が相場です。内外装費用(200万円~)内外装費用は、理想の内外装にするために工事を行う際に発生します。こだわりすぎると費用が膨れ上がるため、予算や譲れないポイント、妥協するポイントをあらかじめ決めておくと良いでしょう。内外装工事では、空調・ガス・電気といったインフラ工事、内装デザインやクロス工事、照明、防災工事、外壁の塗装やタイル工事などを行います。内外装費用もこだわりによって変動しやすい費用ですが、居抜き物件で200万円、スケルトンで500万円程度が相場です。厨房機器・設備費用(100万円~)バーやスナックを経営するためには、厨房機器や設備も準備しなければなりません。バーやスナックに必要な厨房機器は、冷蔵庫・製氷機・食器洗浄機・シンクなどです。また、提供するメニューによって、コンロや電子レンジといった機器を揃える必要があります。厨房機器・設備費用は、メーカーやサイズによって変動しますが、最低でも100万円程度は必要です。ただし、最近では中古ショップなどで安く購入することもできるため、費用を抑えたい場合には中古品も検討すると良いでしょう。什器・備品費用(30万円~)バーやスナックに必要な什器・備品も揃えなければなりません。什器・備品とは、テーブル・椅子・ソファ・グラスなどです。また、提供するメニューによってカクテルグラス・ロックグラス・ショットグラス・タンブラーなど、グラスを数種類揃える場合もあります。什器や備品も、こだわればこだわるほど費用が膨れ上がります。特に、グラスが割れることも想定して同じ種類の製品を多めに購入しておかなければなりません。費用を抑えたい場合には、妥協できるポイントを見極め、経営が軌道に乗ってから買い替えることを検討しましょう。運転資金(半年分)運転資金とは、バーやスナックを経営するために毎月発生する資金です。具体的には家賃・光熱費・人件費・食材費・広告費などがあります。これらの運転資金にかかる費用は、規模やスタッフの人数などによって変動します。営業が軌道に乗るまでの開店直後は売上が少ない可能性も高いため、余裕を持って運転資金の半年分を準備しておくと安心です。バー・スナックの開業資金に使える助成金ここまでご紹介した通り、バーの開業資金は小規模でも500万円程度かかります。コツコツと貯金していても、開業資金を貯めるのは時間と労力がかかります。そこで、活用したい制度が助成金です。バーの開業資金に使える助成金は、国や自治体が実施している「創業・事業継承補助金」です。「創業・事業継承補助金」を受け取るためには、以下の要件全てを満たす必要があります。・創業・事業継承補助金の募集日以降に開業する場合・従業員を一名以上雇用する場合・補助事業期間完了日までに開業した場合・申請書類や事業計画書の審査を通過した場合補助金額や申請期間は年度によって異なるため、事前に中小企業庁のホームページから確認しておきましょう。バー・スナックの開業資金に使える融資バーの開業資金を集める方法は、助成金のほかに融資という選択肢もあります。バー・スナック開業時の融資に関しては、まずは日本政策金融公庫を検討しましょう。日本政策金融公庫では、飲食店などの開業に活用できる「新創業融資制度」があります。「新創業融資制度」は、無担保及び無保証人でも最大3,000万円まで融資を受けられます。また、日本政策金融公庫は融資を申し込んでから融資されるまでの期間が短い、利率が低いなどのメリットもあります。都市銀行や地方銀行では、相当な担保が必要であったり、融資までに時間がかかったりする場合があるため、まずは日本政策金融公庫の検討がおすすめです。バー・スナックを小さいお店で開業するメリットバーやスナックを小規模で開業するメリットは数多くあります。その中でも特に大きなメリットは、開業資金やランニングコストが抑えられる点です。なぜなら、小規模店舗では家賃や光熱費が安く、初期費用の一部である内外装工事費も安く抑えられるためです。軌道に乗るまでは十分な売上が上がらないことも多々あるでしょう。その際、ランニングコストが安いことは大きなメリットとなります。また、顧客との距離が近くなるため、顧客とコミュニケーションが取りやすく常連客が増えやすいというメリットもあります。常連客が増えると、口コミが広がってさらに新規顧客の獲得も期待できます。小さなバーでは客席は少ないものの、その分顧客との距離を縮められます。初期コストを抑えたいなら居抜き物件がおすすめ初期費用やランニングコストを抑えたい場合には、居抜き物件がおすすめです。なぜなら、居抜き物件は内装を一から作る必要がないため、初期費用の中でも特に大きな金額の内外装費用が抑えられ、出店準備期間を短くできるためです。バーやスナックを経営したい場合には、居抜き物件で初期費用を抑えましょう。

#開業のポイント

コラム

スナックの出店予定者必見!居抜き物件の特徴と賃貸契約時のチェックリスト

スナックの出店を計画する際に居抜き物件を利用すれば、出店費用を安く抑えられます。ただし、居抜き物件の契約には、気を付けなければならないポイントがあります。契約の全体像を把握しないまま契約してしまうと、トラブルにつながるかもしれません。そこで今回は、居抜き物件の特徴と契約時に確認すべき項目をご紹介します。スナックの特徴について居抜き物件についてご紹介する前に、まずはスナックの特徴を確認します。スナックとは「スナックバー」の略で、カウンター越しに接客する飲食店のことを指します。お酒を飲むことがメインで、提供する食事はスナックなどの軽食が一般的です。お酒や軽食と共に、ママさんやスタッフ、ときには他の常連客と会話を楽しむことを目的に、顧客が訪れます。スナックを開業して0時以降も営業する際には、警察へ深夜酒類提供飲食店営業の許可をとる必要があります。忘れずに所轄の警察署に届け出ましょう。なお、深夜酒類提供飲食店営業の許可を取得したとしても、接客スタイルに注意が必要です。風営法で『歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと』と定義されている「接待」に当てはまってしまうと深夜時間帯の営業はできません。例えば、カウンター越しの接客だけではなく、ラウンジのようにボックス席を設け、従業員をお客様の横に座らせる接待をさせる場合は必ず風俗営業許可が必要となり、深夜0時以降営業が原則禁止となるのです。スナック居抜き物件の特徴スナックを経営するために取得する物件は、「居抜き物件」と「スケルトン物件」に分けられます。ここからは、居抜き物件とスケルトン物件の違いについて解説します。まず居抜き物件とは、内装や、設備・什器が既に設置してある物件です。これらは、前に使っていたオーナーが残していったもののため、設備や什器がどの程度残っているのかは物件により大きく異なります。一方でスケルトン物件は、テナントの内装・設備・什器が全て取り除かれている物件です。内装を一から決めて、設備や什器を全て買い揃えなければなりません。そのため、手間やコストがかかるというデメリットがありますが、自由に内装や設置場所を決められるというメリットもあります。このように、居抜き物件とスケルトン物件は、内装・設備・什器の有無に違いがあります。居抜き物件を借りるメリットについて居抜き物件には、多くのメリットがあります。そこでここからは、居抜き物件を借りるメリットを2つに厳選してご紹介します。出店費用を安く抑えられる居抜き物件は、レイアウトや内装がそのまま残されているため、レイアウトや内装を流用すれば一から揃える必要がありません。イメージと違う部分の変更や修理が必要な箇所のみへの投資になるため、出店費用を最小限に抑えられるという大きなメリットがあります。ただし、設備や機材は故障や破損している可能性もあるため、あらかじめ確認して正常に動けば利用すると良いでしょう。出店までの準備期間の短縮ができる居抜き物件は改装後の店内をイメージしやすいため、工事計画を検討する時間の短縮ができます。また、内装や設備をなるべく流用するようにすれば、スケルトン物件よりも大幅に工事期間を短縮できます。時間をかけずに出店したい人にとって、大きなメリットです。居抜き物件のデメリットも理解が必要居抜き物件は、費用削減や工事期間の短縮ができる一方で、複数のデメリットがあることも把握しておかなければなりません。そこでここからは、居抜き物件のデメリットを2点ご紹介します。店内レイアウトやコンセプトの制約がある内装やレイアウトが既に決まっているため、物件によっては出店計画のコンセプトに合わないことがあります。実際に物件に足を運び、店内の雰囲気を確認するようにしましょう。もちろん、既存の店内レイアウトや設備を変更することは可能です。しかし、レイアウト変更や設備を含めた大規模な改装工事は、スケルトン物件よりも費用が高くなることもあるため注意が必要です。中古品の設備や機材を妥協しなければならない残されている設備や機材が古いこともあるため、イメージ通りの店内にならない可能性があるという点も居抜き物件のデメリットです。故障している機材については、修理金額が最新モデルのリースよりも高額になることもあります。見学時に設備や機材をしっかりと確認し、妥協するポイントを決めておくと良いでしょう。居抜き物件の賃貸契約するときに気を付けることここまでご紹介した通り、多くのメリットがある一方でデメリットもある居抜き物件。居抜き物件の賃貸契約をする際は、特に契約内容について気を付ける必要があります。ここからは、居抜き物件の賃貸契約時に確認すべき注意点をご紹介します。居抜き部分に関する契約内容の確認をする居抜き物件とは直前に入居していた店舗の内装や設備・什器が残っている物件です。この残された内装や設備・什器を使用するには、物件オーナーと賃貸契約を結ぶのとは別に、前店舗の入居者と造作譲渡契約を結ぶ必要があります。テナントそのものは物件オーナーのものですが、内装や設備・什器はそれを取り付けた前店舗の入居者のものだからです。内装や設備を譲り受けるために前店舗の入居者に支払う費用のことを「造作譲渡料」といいます。多くの場合、「造作譲渡料」は一式として見積もられます。金額はもちろん譲渡対象に含まれている項目をしっかり確認しましょう。また、改装する場合、工事の費用を貸主と契約者のどちらが負担するのか決められていることがあるため、契約内容を隅々まで確認した上で契約してください。改装時に利用する指定業者があるのか、自由に改装してよい範囲、退去時の回復条件、造作買取請求権についても必ず確認してください。なお、造作買取請求権とは、契約後に付け加えた電気や水道施設などの取り外しができない設備(造作)を、契約終了時に賃貸人に買取請求できる権利のことです。看板や機材利用の確認をする看板の設置条件も契約時に確認しておく必要があります。賃料とは別途に看板使用料の設定がある場合や、建物所有者の意向により、前の店舗と同じような看板を設置できない可能性があります。また、リース機材が残されている場合についても契約内容の確認が必須です。リース機材があるとリース料金を請求される可能性や、リース期間満了後に機材が回収されてしまう可能性があります。また、防音設備の確認をし、周辺への騒音状況の確認も忘れずに行いましょう。居抜き物件をうまく使おう!スナックを出店する際に、多くの方が重視するポイントが費用と準備期間です。居抜き物件は初期費用が抑えられ、さらに準備期間を短縮できるためおすすめです。スナックの出店に居抜き物件を契約する際は、確認事項を確認した上で、多くのメリットがある居抜き物件を利用しましょう。スナックに関する情報をさらに知りたい方は、「よるみせナビ」をご覧ください。

#開業のポイント

アクセスランキング

電話・折り返し予約 0120-037-354

スナック・バー・クラブ
物件情報サイトよるみせナビ

  • お電話受付時間
    平日10:00〜20:00
  • 折り返し予約
24時間受付 メールお問い合わせ

スナック・バー・クラブ
物件情報サイトよるみせナビ